プロテインは、求める効果によって飲むタイミングが違います。

細マッチョを目指しているゴリマッチョを目指している栄養バランスを整えたい大きく分けるとこの3種類です。

今回は、細マッチョになるために、身体を引き締めながら筋力アップ効果を求める場合の、プロテインを飲むタイミングについてみていきます。

絶対にはずせない 飲むべきタイミングはトレーニング後

プロテインを飲む最適かつ絶対にはずしてはいけないのはトレーニング後です。

トレーニング後、30分~遅くても45分以内に飲んでください。

この時間は、運動で負荷をかけた筋肉が栄養素を補給し、筋繊維の修復、合成を行う時間です。

このタイミングで飲むことで、プロテインのたんぱく質やアミノ酸などの栄養素の吸収が良くなるので

効率的な筋繊維の修復、より強い筋肉が育ちやすくなります。

代謝に必要なアミノ酸量にいたっては、普段の3倍の量が筋肉に送られるといわれています。

夜 寝る30分~1時間前

次に効率のよいのは、寝る前です。睡眠中は成長ホルモンが分泌されています。成長ホルモンは、筋肉の成長に大きくかかわっています。

寝る前にプロテインを飲むことで、成長ホルモンの働きをサポートしてくれます。

成長ホルモンの働きによって、筋繊維の修復が活発になります。

寝る前に飲むことで、ダイエット効果が薄れるのではないかと考えてしまう人もいるかもしれません。

しかし、筋肉の修復に必要な栄養素が不足していると、せっかくトレーニングで作られてきた筋肉を分解してエネルギーとして使ってしまいます。

プロテインを飲むことで、代謝に必要なアミノ酸が働き、寝ている間の代謝をアップしてくれます。

ただし寝る直前に飲んでしまうと、胃腸に負担がかかってしまうことがあるので、寝る30分~1時間前には飲んでおきます。

朝食にプラスして

起床時には、寝る前に飲んだプロテインの効果は薄れています。

寝ている間に、栄養素は使われているからです。

朝には新たなタンパク質を補給し、1日に必要な栄養素を十分身体に取り入れることで、活動を有効的に使うことができます。

朝食で、しっかりとしたタンパク質を含んだ肉や魚を食べている場合は、プロテインは補助的に飲む量でかまわないといえます。

しかし、パンやヨーグルトなど簡単に済ます場合には、しっかりとプロテインを摂るようにしてください。

細マッチョを目指す人に、おすすすめのプロテインを飲むタイミングについてお話してきました。

一番効率的なのは、おススメした3つのタイミング全てでプロテインを飲むことです。

絶えず、身体の中に良質なタンパク質を補給し、代謝と筋肉の補修、筋肉量のアップに必要な栄養素を補うことで、バランスの良い身体つくりにつながります。

脂肪や糖質を控えた食事を守りながら、引き締まった細マッチョボディを作るための参考にしてください。